重要設備の突発停止やメンテナンスコストでお悩みはありませんか?

データを活用した生産設備の予知保全化

ー資料はこちらー

ABOUT

生産設備のセンサデータを監視
「パーツの劣化具合」を検知し予知保全を実現します

アットフィールズテクノロジー株式会社は半導体工場を中心に、多くの電子デバイス製造工場で設備パラメータの収集・活用による高効率生産を実現してまいりました。御社の設備に@FieldEye-Edgeを接続することで、生産設備の劣化状況を可視化し、最適なタイミングでの設備保全を可能とします。

STEP. 1

複数のセンサ情報を一括で自動収集
・設備毎にカスタマイズ対応可能
・センサ選定から取付まで一貫サポート

・設備が古くデータを取り出せない
・設備メーカーに相談しても対応ができない
・熟練者の経験で保全を運用しており、どんなデータが必要か分からない
         など、設備データの収集に苦慮しているとのお声を多くいただきます。
本ソリューションでは、アナログセンサ、PLC、設備ログなどお客様の設備に合わせたデータ収集環境の構築に関し、仕様検討からプログラム開発、実機設置まで一貫したサポートを提供しております。

STEP. 2

手間なくデータセットを自動生成
・センサ毎にデータを変換
・製造関連データを紐づけ

データを収集しても生データの羅列で「使い勝手が悪い、編集作業が大変」というお客様の課題をスマートに解決する変換プログラムを搭載しています。CBM(Condition Based Maintenance)実現に向け、設備インターロックよりも高感度に設備変化を捉えるため、複数センサ値の合成値、経過時間などの仮想値を内部的に計算処理します。
また、データを製品ロット単位、加工処理のSTEP単位で切り分け、更に、お客様環境の既存システムと連携し、製品情報や使用材料などの付帯情報と紐付けすることで、容易にデータを活用できる環境を構築します。

STEP. 3

CBM運用実現まで安心サポート
・現場運用に合せデータ表示・判定・通知
・データサイエンスに基づくアラート設定

エッジ環境で、リアルタイムにSTEP1で収集、STEP2で変換したセンサデータを表示することで、製造現場担当者の『いつもと違う』気付きになります。
また、アラート判定結果の表示やPLC連携、パトランプ連携、メール発砲などの通知機能により、抜け漏れのない標準化したCBM運用を構築可能です。
メンテナンス通知基準の設定が難しい、というお客様の課題に対しては、弊社データサイエンティストによる過去実績のデータ解析により、効率的なメンテナンス時期を設定いたします。

 

■ 導入までの流れ

■ 設備予兆診断システム 構成

データコレクションサービス資料・事例集ダウンロード

「予兆保全を成功させる設備データの収集・活用方法

CONTACT

製造工場のスマート化なら
弊社までお気軽にお問い合わせください

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
詳しいサービス資料を
こちらからダウンロードできます。
お電話でのお問い合わせ(平日9:00~17:00)