catch-img

工場の設備管理で安定稼働や品質維持を実現!そのポイントとは?

工場の生産効率を高めるには、生産ロスとコストの損失を抑えて、機械やIT機器などの設備を安定的に稼働させることが求められます。

そこで重要となるのが“設備管理”です。製品の生産数や不良数だけでなく、工場内の設備が正常な状態で稼働できるように維持するための活動が必要となります。

品質管理やシステム部門の担当者のなかには「設備管理ではどのような対応が必要になるのか」「設備管理の業務を効率化して、安定稼働を実現するにはどうすればよいか」などと疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

この記事では、工場における設備管理の重要性と基本的な取り組み内容、安定稼働を実現するポイントについて解説します。


目次[非表示]

  1. 1.設備管理の重要性
  2. 2.基本的な設備管理の内容
    1. 2.1.①保全管理
    2. 2.2.②資産管理
    3. 2.3.③作業管理
  3. 3.工場における設備管理の課題
  4. 4.工場の設備管理を効率化するにはシステムの活用が有効
  5. 5.まとめ


設備管理の重要性

工場の設備管理とは、工場内の設備が正常に稼働するように維持するとともに、効率的かつ安全に使用できるように管理することです。設備管理は、以下の観点から重要といえます。


▼工場における設備管理の目的

  • 生産性を高める
  • 品質を安定させる
  • 作業員の安全を守る
  • 利益を高める


設備の故障・不具合が発生すると、生産ロスが発生して機会損失や修理コストの増加につながる可能性があります。設備管理によって点検や劣化状況に応じた補修を行い、設備トラブルを未然に防ぐことで、工場の稼働率を高められます。設備停止によるダウンタイムを最小限に抑えて安定的に稼働できるようになれば、生産性の向上にも直結します。

正常に機能していない設備は、製品品質のばらつきや不良品の発生を引き起こす可能性があります。製品の品質を維持するには、変化点管理や制御、保全活動を行うことが求められます。

また、設備の故障・不具合によって誤作動が起きると、作業員の事故につながるおそれがあります。労働災害を防ぐためにも、設備に劣化や故障の可能性がないかを確認して、必要に応じて補修、部品交換を行うことが重要です。

さらに、設備の調達から廃棄までのライフサイクルを最適化したり、故障する前にメンテナンスを行ったりすることで、設備の入れ替えや保全管理にかかるコストを抑えられます。設備の運用・修理にかかるコストを抑えると、工場全体における利益の向上にもつながると期待できます。



基本的な設備管理の内容

工場の設備管理では、設備を安定稼働させるための保全活動に加えて、調達から廃棄までの情報や従業員の作業内容などを管理します。


①保全管理

保全管理とは、設備が正常に稼働するように点検やメンテナンス、補修などを行うことを指します。保全管理の方式には、以下の3つの種類があります。


▼保全管理の種類

種類
方法
予防保全
(Preventive Maintenance)
  • 故障・不具合が起きる前に、性能の低下を発見するための定期的な点検や診断を行うこと
  • 過去に発生した設備トラブルの記録から、点検やメンテナンスを行う箇所・時期などを定めた保全計画を作成して実行する
予知保全
(Predictive Maintenance)
  • 異常の予兆を検知して、最適なタイミングで部品交換や補修などを行うこと
  • IoTセンサやPLCなどから設備の稼働データを収集して、故障・不具合の兆候を検知した際に実行する
事後保全
(Breakdown Maintenance)
  • 設備に故障・不具合が発生したあとに異常箇所と原因を特定して、補修や部品交換などを行うこと
  • 故障・不具合への対応だけでなく、設備トラブルの記録や対応履歴などを蓄積して、予防保全・予知保全の改善につなげる


予防保全は、稼働時間・生産数量の経過に基づいて一定の周期で部品交換を行う時間基準保全と、設備の劣化状態や異常の兆候に応じてメンテナンスを行う状態基準保全に分けられます。状態基準保全をIT技術によって発展させた保全管理の方式が予知保全に当たります。

予知保全はリアルタイムな稼働データに基づいて保全を行うため、予防保全よりも精度を高めやすくなります。メンテナンス箇所・周期の最適化によって保全管理コストの削減を図ることが可能です。

事後保全では、計画外の設備停止となることから停止時間が長くなるほど生産ロスによる損失につながるおそれがあり、迅速な復旧対応が求められます。加えて、故障後の設備復旧に必要な部材を確保する際にも時間がかかるため、設備停止による影響度の見極めが重要です。


②資産管理

資産管理とは、工場内で稼働している設備の情報を記録・蓄積して、運用・保全・補修・改善・計画更新などの一連のライフサイクルを管理することです。

設備のライフサイクルを管理することによって、設備管理業務の効率化や保全コストの最適化を図れます。資産管理を行う際は、設備の調達から廃棄に関する情報や、保全活動の記録などを設備管理台帳で管理する必要があります。


▼管理する情報の例

  • 製品名(メーカーや品番など)
  • 利用形態(購入・リース)
  • 設備の契約または購入日
  • 設置場所
  • 導入日
  • 設備コスト
  • 運転実績
  • 点検・メンテナンスの作業記録
  • 故障・修理の履歴 など


メンテナンスの状況や故障・修理の履歴などの情報については、今後の保全計画を策定する際に活用します。


③作業管理

作業管理とは、保全業務や設備の使用などに関する作業内容・手順・プロセスを管理することを指します。工場の運営において、従業員が対応する作業全体の管理を行います。


▼管理する項目の例

  • 製造作業の方法・手順
  • 点検やメンテナンス、修理などの保全業務の方法・手順
  • 設備トラブルへの対応方法やフロー
  • 作業実績や点検結果 など


製造作業やトラブル対応のプロセスを可視化して管理すると、現場の従業員が持つ知見・経験に頼らない作業方法へと標準化を図ることが可能です。これにより、作業の属人化を防げます。

また、非効率な作業・フローを見直して各プロセスの合理化を図ることによって、製造リードタイムの向上、品質の安定化につながります。



工場における設備管理の課題

設備管理は、工場を安定稼働させるために欠かせない業務ですが、取り組みにあたって次のような課題があります。


▼設備管理でよくある課題

  • 紙媒体や表計算ソフトでの記録・管理に限界がある
  • 手作業でないと収集できないデータが存在する


設備管理の業務を紙媒体または表計算ソフトで行っている場合、記入・転記作業に労力がかかるほか、記入漏れが発生したり、最新のデータがどれなのかが分からなくなったりするトラブルが起こりやすくなります。

製造部門・品質管理部門・保全部門などの部門間での横断的な情報共有ができず、保全計画や製造プロセスの改善などにうまくつなげられない問題も考えられます。

また、IoTセンサによって設備の稼働データを収集する方法はありますが、トラブル対応の履歴のような人の手が加わったことに関する記録は、手作業でなければ収集しにくいという課題もあります。



工場の設備管理を効率化するにはシステムの活用が有効

工場の設備管理を効率化するには、紙媒体や表計算ソフトによる管理から脱却して、設備保全管理システムを導入することが有効です。

設備保全管理システムは、保全管理や資産管理、作業管理に必要な情報を一元管理して、効率的に設備管理を行えるシステムです。

アットフィールズが提供する設備保全管理システムには、以下の機能が備わっています。


▼設備保全管理システムの主な機能

  • 装置のパラメータを基にした保全計画の策定
  • 設備保全のスケジューリング
  • 保全管理ワークフローと作業チェック表の作成
  • トラブル対応履歴の記録・蓄積


また、オプション機能のナレッジ活用システムを活用すると、設備保全管理システムに蓄積されたトラブルの対応履歴のなかから過去にうまく行えた対応を提示することが可能です。『パーツ管理システム』と連携すれば、設備のパーツを種類別に分類して細かな資産管理を行えます。

人の手による設備管理の労力・時間を削減して、保全管理の精度向上や作業の標準化・効率化を図れます。



まとめ

この記事では、工場の設備管理について以下の内容を解説しました。


  • 設備管理の重要性
  • 基本的な設備管理の内容
  • 工場における設備管理の課題
  • 設備管理を効率化する設備保全管理システム


設備管理は、設備の故障・不具合を防いで安定稼働させるとともに、ライフサイクルの最適化による保全コストの削減、作業の標準化・効率化を図るために重要な業務といえます。

紙媒体または表計算ソフトを使って管理している場合には、人的ミスや情報共有のトラブルが発生する可能性があるほか、手作業でなければ収集できないデータも存在します。

工場の設備管理を効率的に行うには、保全管理・資産管理・作業管理に必要な情報を一元管理できる設備保全システムを活用することが有効です。


アットフィールズ』の設備保全管理システムは、保全管理計画の自動作成やメンテナンス履歴の登録、ワークフローの管理、作業チェック表などの機能が備わっており、人の手で行ってきた業務の標準化・効率化を実現できます。

詳しくは、こちらの資料をご確認ください。

  設備保全管理システム 設備保全管理システムは、基本の定期保全からCBMまで対応。製造現場の保全業務のPDCAを支援することで、保全業務の効率化に貢献します。 アットフィールズテクノロジー株式会社


  資料ダウンロード一覧 アットフィールズテクノロジー株式会社


CONTACT

製造工場のスマート化なら
弊社までお気軽にお問い合わせください

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
詳しいサービス資料を
こちらからダウンロードできます。
お電話でのお問い合わせ(平日9:00~17:00)

おすすめの資料



サイト内検索


人気記事ランキング